2006年12月29日

今年をうすぼんやりと総括 その2

今日はマンガについてです。

今年のキーワードは、「少年誌のちょいエロ」です。
遠回しな表現ですが、要は「ToLOVEる」を始め少年誌でちょっぴりえっちっちな作品が目立った1年かと。
まさか天下のジャンプコミックスで、てぃくびが拝めるとは思わんかった。
061229tolove1.jpg

これに気を良くしたのか、最近のジャンプでは「エム×ゼロ」でも、ぎりぎりまでのちらリズム展開や、新連載「ラルΩグラド」は作品内容より「乳揉み」で話題になるなど、むしろ「エロスはほどほどに」とこちらが言いたいくらいの、暴走機関車です。

来年に期待。

えっちっちと言えば「みなみけ」です。
年に1回、秋の風物詩となりつつある、「みなみけ」の単行本が今年も出ました。
061229minami2.jpg
3巻を彩る、ハルカ。

えっちなマンガでは全然なく、お話しも絵も際立っている訳でもないのですが、そこはかとなく漂う色気、みたいなものに魅了されますです。
1巻ではもう、バンバンとパンチラとか乱発していた「みなみけ」ですが、2巻以降はほとんど見られません。
061229minami1.jpg
3巻唯一の「カナのパンチラ」

都市伝説では現役小学生といわれる桜場コハル先生。
編集の要望でパンチラ描くと、「君はえっちだなあ」と編集に言われて耳まで真っ赤にして否定する、とか。
思いのほかヒットしたおかげで、描かなくって済むようになったんでしょう。
よかったね、コハルちゃん(失礼)

来年はエロスはほどほどに。
posted by てんてこ at 19:36| 日記