2011年05月06日

宮下ダムで花見

ダム周辺には桜が多い。

ちょっと見頃を外しましたが、只見川でも古参の宮下ダムに桜を見に行きました。
電力系ダムですので至近距離で見物出来ませんし、ダム湖側へ行く道は通行止め。
ちとレトロな堤と桜を眺めつつ、のんびりしてました。

IMG_5011.JPG
放水中

春は雪解け水の放水が楽しいダム見物。
posted by てんてこ at 19:15| ダム萌え

2010年04月03日

わくわくダムダム ーダムの季節到来ー

春ですねえ。
てんてこの住んでるあたりの桜は全然まだまだですけど、雪解けとか見てると春を感じますね。

雪解けと言えばダム。

唐突と思うなかれ。
雪解け水の集まるこの季節、ダムはこまめに放水やらで調整しているのでフル稼働の季節ですぜ、旦那!
しかも台風やらの増水と違って、きれいな水がぶっ放されている訳ですから、マイナスイオンだだ漏れ状態。見なきゃ。

DSC03800.jpg
鹿瀬ダム、フルゲートとは行かなくても充分

ダム見物だけで出かけたのではないのですけどね。撮影のついで。
5月頃までは満水状態のダムが多いので見物の季節ですよ。
posted by てんてこ at 18:14| ダム萌え

2009年04月19日

わくわくダムダム ー上野尻ダムー 2回目

春だ!ダムだ!

ダム見物に一番おすすめなのは春です。
地域にもよりますが、雪解け水とかで貯水率が上がって満水近い場合もありますし、大抵のダム施設には桜が植樹されている事が多いのです。

んで、今回は2年前にも来ました福島県の「上野尻ダム」
白状しますと、今回はダムが目的ではなくて横に通っている鉄道がメインです。待ち時間の合間の見物です。
ここはちょっとした桜の名所なのですが、実に満開でした。

IMG_1336.JPG
阿賀野川系のスタンダードな造りのダムです。

IMG_1321.JPG
天端は県道

IMG_1330.JPG
見事な水面鏡

阿賀野川水系のダムには桜が多いのですが、両岸ともに多く植えられているので、ドライブがてらに立ち寄る人と他大勢で賑わっていました。
桜は散り始めでしたので、来週はまた静かなダムに戻る事でしょう。

上野尻ダムと言えば、結構有名な廃橋「柴崎橋」があって、前回の訪問では暗い雨の中で、実に禍々しい雰囲気の印象でしたが、今回は晴れでしたのでまあ普通の物件でした。
IMG_3304.JPG
柴崎橋

結構多くの見物客いたのに、あまり柴崎橋に興味なさげだったの。
廃墟ブームとか言われてますが、あれは極地的な流行りなのかね?
posted by てんてこ at 17:01| ダム萌え

2008年10月04日

わくわくダムダム ー白川ダムー

秋はダムの季節。

夏にもそんなコト言いましたが、春夏秋冬全てダムの季節と言う事にします。

んで、山形まで出向いたついでに「白川ダム」に行きました。
ややマイナーなダムと思われますが、国土交通省管轄のダムの中では第9位の観光者が訪れる、知られざる観光地です。
DSC02454.jpg
ダム本体。堤高66m

DSC02443.jpg
スタンダードなロックフィルダムです。

堤高100m以上クラスのダムを見慣れてきてますので、あまり恐怖感も無いですし楽しい物です。
フィルダムだと緩やかな傾斜に見えるので、万一転げ落ちてもどうにかなりそうな感じ、実際はどうにもなりませんけど。
とか、バカなコト考えつつ取水口とゲートの見物。

DSC02451.jpg

いや、やっぱり高いです、怖いです。
なによりコンクリートの色が変わっているあたりまで、一回は水がなみなみに来た痕跡が、変な事想像して怖かったです。

DSC02448.jpg
ダム湖は「白川湖」まんまですがな。

先に国土交通省管轄、と触れましたように管轄ダムですから、そうです「ダムカード」ですね。
DSC02453.jpg
絵はがきのおまけ付き

無人の展示室で見物してたら、所員の方がわざわざ出て来て手渡してくれました。
前大臣は大バカでしたが、現場は良い人たちばかりですね、国土交通省は。

今月下旬には紅葉が見頃で、ピクニックにはもってこいな「白川ダム」でした。
posted by てんてこ at 19:04| ダム萌え

2008年08月10日

わくわくダムダム ー鳴子ダムー

夏だ!ダムだ!

夏もダムの季節です。
ですので「鳴子ダム」を訪れました。
鳴子温泉から少し山あいに進むと、すぐに鳴子ダムです。
DSC02347.jpg

高さ94.5mのアーチ式コンクリートダム。
昭和33年完成と、比較的古いアーチ式ダムで今年50歳になります。
見物は天端を歩くなら国道から側道に入ったところから歩いて。
ダム湖がメインなら国道沿いの管理事務所から。
もちろん、天端行き。

DSC02367.jpg
こっちは国道側。アーチがお見事。

DSC02362.jpg
天端から真下を見下ろす、コワイヨー。

DSC02360.jpg
ダム湖は「荒雄湖」大崎市の水がめと治水を担ってます。

国土交通省管轄のダムですので、「ダムカード」をゲット。
管理事務所で貰えますが、職員さんの夏休みなのかほぼ無人の事務所で、ありがたく頂く。
DSC02375.jpg
決してカード目当てで巡ってはいませんよ。

鳴子と言えば「こけし」なので、ナニかダムにもこけし関連の装飾が無いかと探しましたが、当たり前にありませんでした。
治水と水資源を担う施設に、そんな余計な装飾は無いもの。
質実剛健な硬派な施設ですね!。。。。とか思ってたら隅っこのガタクタ置き場っぽいところに。
DSC02370.jpg

ナニに使ってたんだろう?
posted by てんてこ at 17:39| ダム萌え

2008年06月15日

わくわくダムダム ー寒河江ダムー

撮影がてらクルマを走らせていたらば、「↑寒河江ダム23km」の看板が。

行かねば、ダムが呼んでいる!(多分気のせい)

そういうコトで「寒河江ダム」訪問です。
DSC02216.jpg
堤高112mのロックフィルダム

山形県でも最大級のダムでして、国土交通省直轄の多目的ダム。
ゆえに観光地としての整備が行き届いてまして、意外なくらい観光客が訪れておりました。

いつもですと、天端やゲートなどをひゃーひゃー言いながら見物するのですが、駐車場からかなり歩くので今回はパス。
DSC02208.jpg

月山湖と名付けられたダム湖は山形55万人の水がめ。
ショッカーが山形制服を企む時には、恐らくココが狙われる事でしょう。
DSC02209.jpg

月山湖には世界4位の、高さ112mの噴水があります。
1時間に1回程度に大噴射してまして、たまたま訪れた時間がいいタイミングでした。
DSC02214.jpg

国土交通省直轄ダムと言えば「ダムカード」
もちろん管理事務所に赴いて頂戴してまいりました。
DSC02217.jpg

ダム巡りは楽しいなあ。
posted by てんてこ at 20:23| ダム萌え

2008年05月05日

わくわくダムダム ー川俣ダムー

先日「川治ダム」行った際に、ついでに「川俣ダム」も訪れました。

川治ダムや五十里ダムより、さらに山間に進んだ先にありまして、途中の山道は普通に楽しい。
狭い渓谷にあるダムですので、ダム本体には広いスペースが無くて、一般者は谷の上の駐車場から歩きです。

IMG_9141.jpg
全景

「川治ダム」と同じくアーチ型ダムですが、こちらは小振り。

IMG_9153.jpg
天端の向こう岸まで歩けますが、行った先は断崖

ダム本体を見物するには、ダム下流側にある吊り橋からがベストです。
IMG_9151.jpg
吊り橋
ダムの向かいと言っても、ちょっとした山道を20〜30分ほどくるっと廻って行かないといけませんので、それなりに体力使います。

IMG_9174.jpg
ダム本体

切り立った渓谷のダムなので、縦方向に長く見えますね。

IMG_9150.jpg
ダム湖は「川俣湖」まんまや

IMG_9157.jpg
断崖絶壁、のよう。

少々体力が必要ですが、紅葉の季節はすごく綺麗だそうです。
近くには鹿、熊、野鳥の串焼きなどワイルドな物を提供する茶屋もありまして、かなり面白いダム訪問でした。
posted by てんてこ at 17:32| ダム萌え

2008年05月01日

わくわくダムダム ー川治ダムー

連休の谷間、だからと言う訳でもないのですけど、谷間にそびえる「川治ダム」に見物に。
IMG_9101.jpg
高さ145mのアーチ式ダム

かなりの高さで、高所が苦手な方にはオススメできない。

IMG_9103.jpg
天端は県道で、このまま進むと五十里ダムに行けます。

いつもはついでのダム訪問ですが、今回わざわざ出かけたのは年に数回のダム見学に合わせてです。
この時は一部ですがダム内部とか通路から見物が出来ます。
ヘルメット装着していざ。

IMG_9108.jpg
内部の通路。ダンジョンだ。

IMG_9109.jpg
ゲートに向かう通路から。

金網だけの通路で真ん中のゲート室まで進めます。
迫るようにそびえるダム本体と、眼下の景色は迫力とちょっぴり恐怖です。
IMG_9118.jpg
ぐわー

IMG_9115.jpg
水流確保のため放水しています。

川治温泉から近く、周辺の景色も秀逸でダム見物を合わせた観光がおすすめです。
近くにある五十里ダムと合わせて見物でした。

DSC02166.jpg
こいのぼり

他にもダム巡りしたのですが、紹介は後日。
posted by てんてこ at 16:32| ダム萌え

2008年04月30日

わくわくダムダム ー鹿瀬ダムー

先日、SL撮影に行きましたんで、例によってダム見物です。
栃木、福島、新潟はダム多いので楽しい。

今回の「鹿瀬ダム」は阿賀野川水系最初のダムで、昭和3年完成の歴史あるダムです。
ダム界のおじいちゃん的存在ですね。
DSC02142.jpg
全景。20門あるゲートが迫力です。

阿賀野川本流をせき止めてるので、ダムと言うより高めの堰の感ですが、増水時の全ゲート開放しての放水は腰抜ける迫力です。

DSC02143.jpg

先日「電力系のダムは面白みが無い」と語りましたが、それは立ち入り禁止の箇所が多いから。
安全の観点からすれば当たり前ですが、ちょっとさみしい。
この鹿瀬ダムも天端を始め、ダム関連施設はほぼ全て立ち入り禁止。
両側に発電所があるので仕方が無い。

DSC02144.jpg
調整池側からゲートを望む。

周辺は阿賀野川遊覧船や角神温泉、スキー場やレストハウスなど観光施設が充実しております。
そんな観光には関係なく、日夜電力をせっせとこしらえている様は、なんか職人の様ですね。

近くにも複数ダムがありますので、ドライブの際にでも寄ってみるべし。
posted by てんてこ at 13:47| ダム萌え

2008年04月26日

わくわくダムダム ー大川ダムー

そうだ、ダム行こう。

大型連休のオープニングにと、福島県の大川ダムに行きました。
ダム巡りの割に、福島と栃木に偏ってるのはSL撮影のついでなもんで。
DSC02134.jpg
大川ダム全景 重力式とフィルの「コンバインダム」です。

大川ダムは阿賀野川水系の国土交通省直轄の多目的ダムです。
公園設備も充実しておりまして、ちょうど桜が見頃でした。
DSC02126.jpg

このダムは水力発電所が2つありまして、こちらが東北電力の普通のダム式水力発電の大川発電所。
DSC02111.jpg
この水の流れに身を任せたら、多分あの世行き。

こっちは電源開発の揚水発電の下郷発電所。
展示館もあって、そっけない東北電力よりかは愛想があります。
でも休館日でした。
DSC02112.jpg

国土交通省直轄ダムだけに、公園設備が充実してて電力ダムより、ウェルカムな雰囲気です。
個人的な所感ですが、観光チックで楽しいのは
国交省ダム>電源開発ダム>都道府県ダム>電力ダム>>>農業ダムの順です。
この管理事務所にも展示館があって、あのダムカードがもらえます。
DSC02122.jpg
でもこの充実設備も税金で出来てるのかな?

DSC02107.jpg
会津松と下の名を取って「若郷湖」

大川ダムのある南会津は桜が満開で、かなり楽しいダム訪問でした。
posted by てんてこ at 20:15| ダム萌え

2007年11月03日

わくわくダムダム ー奥只見ダムー

山好きなら一度は上りたい山があるように、コミケなら一度は押さえたい大手サークルがあるように、ダム好きなら一度は行きたいダム。
その一つ「奥只見ダム」に、昨日行ってきました。

行きは福島県側からのアプローチでしたが、これがスゴかった。
世に言う「酷道」でしたが、延々50kmほどクルマ1台程度の道幅で、片方はガケなつづら折りを堪能しました。
もう峠道はいい、お腹いっぺーだ。

DSC00930.jpg
ほぼ全景
堤高157mの日本一の重力式コンクリートダムです。

DSC01005.jpg
天端には駐車場から遊歩道か、このモノレール(?)で登ります

DSC00949.jpg
堤長400m越えの天端。
残念ながらエレベーターやクレーンのある側には行けません。

DSC00952.jpg
157mから望む下界。落ちたら安楽死ですね。

DSC00992.jpg
長さ高さともスケールの大きなダムです。
ここに匹敵するのは田子倉ダムや黒部ダムとか、特Aクラス(?)な面々でしょう。

DSC00990.jpg
静かに水をたたえる奥只見湖、またの名を銀山湖。
現時点、日本一の貯水量です。
もうじき完成する「徳山ダム」に、貯水量が抜かれてもその雄大さは変わりません。
あいにくのお天気でしたが、紅葉の見頃まっただ中で、しばし時がたつのを忘れるほどでした。

天端、ダム湖見物の後、奥只見ダムのPR施設の「奥只見電力館」。
ここの館長や職員さんは非常に良い方達で、おみやげは頂けるは解説してもらえるはと、物好きにも手抜かり無し。
やるなあ、J-POWER
展示施設の奥只見ダム建設の歴史のVTRなんかは、リアル「プロジェクトX」で、思わず感動でした。

ああ、この感動を誰かとわかちあいたい!

DSC01008.jpg
おー、すごいなー。

すみません、おたく丸出しで。

帰路は全長22kmのうち18kmがトンネルな、「奥只見シルバーライン」を走破。
行きは途中から合流したのですが、トンネルはもういい、お腹いっぺーだ。

その後、小出から只見に抜けたので、お腹いっぱいな峠道をまた数十km程度堪能でした。もういい。
posted by てんてこ at 19:59| ダム萌え

2007年10月27日

わくわくダムダム ー上野尻ダムー

てんてこ一人が楽しい「ダム萌え」

これまで見物に行った「五十里ダム」「日中ダム」「田子倉ダム」は、そのスケールの大きさや歴史など、判りやすい面白さで出かけたのですが、今回の「上野尻ダム」はちょっと違う。
DSC00910.jpg
上野尻ダム。重力式コンクリートダム。

目的が発電のためなので、観光施設などまったく無く愛想はありません。
DSC00911.jpg
頑張る発電所

と言っても、周辺は公園整備はされておりますし、春には桜が綺麗。
そもそも撮り鉄に来た際に、気になってた物件なんですね。
DSC00913.jpg
天端は県道なので走り放題歩き放題

阿賀川(阿賀野川)/只見川はダム湖が無くても、ほとんど湖のようなゆるやかな流れ。
本来、このグリーンがかった穏やかな流れも、雨空の下ではなんか怖い。
DSC00915.jpg

んで、なんでこのダムが気になっていたのかというとこれ。
DSC00922.jpg
でかいトラス橋。

上流にかかるこの橋、廃橋です。
渡ろうと思えば、アプローチも出来るのですが。。。。。
え?渡ったのかって?

冗談じゃありません、橋桁の無い橋なんて渡れません。

ダムはその高さとか深い水が、生き死にのスリルを安全に身近に体感出来るのも面白さですが、これはいかん。
こんなん渡ろうものなら、死あるのみです。

この廃橋については詳しくとりあげている方がいらっしゃるので、その濃密世界を体感してみて下さい。
ボクはごめんですが。。。

ダムと廃橋がワンセットで楽しめた一日でした。
posted by てんてこ at 19:39| ダム萌え

2007年10月26日

わくわくダムダム ー田子倉ダムー

ダム萌え〜。

今日はお休み取りまして、只見まで出かけました。
目標は日本屈指のダム、土木史に名を連ねる「田子倉ダム」です。
DSC00854.jpg
2Kmくらい手前から撮影、デカい。

いわゆる「重力式コンクリートダム」としてもトップクラス、ダム湖の「田子倉湖」は全国2位、発電所の出力も全国2位と特Aクラス。
ダム建設の為にこしらえたのが、今の只見線です。

DSC00880.jpg
写真では伝わんないけど145mの落差、落ちたら絶対死ぬ。

これだけの規模ですので、土産物屋さんや食事や遊覧船など観光地としても充実。
平日なのに結構な人出でした。
DSC00885.jpg
紅葉の田子倉湖。奥は会津朝日岳。

天端(「てんば」と読む、ダムの頂上ね)から写真をバカバカ撮ったり、少し身を乗り出して高さを実感したり、大人げないくらい大はしゃぎだったのですが、割といる観光客らは土産物屋のアイスに夢中で、ダムに感動なんてしていないの。

ああ!この感動は分かち合えない物なのね!

DSC00868.jpg
天端から下流を望む。すぐ下には逆調整池の「只見ダム」

あいにく曇り空でしたが、紅葉は綺麗ですし湖面は静か。
ビバ!ネイチャー!

ここに来てる方を完全に放ったらかしですな。
posted by てんてこ at 18:39| ダム萌え

2007年09月21日

わくわくダムダムその2 ー日中ダムー

思いがけずお休みが取れましたんでお出かけです。

DSC00683.jpg
どーんっ

DSC00688.jpg
どどーんっ

日中ダムです。

よくあるコンクリートのダムではなく、石積みのような「ロックフィルダム」と言われるダム。
傾斜があるのでそれほど恐怖感はありませんが、これでも高さは103メートル。充分過ぎる高さです。死んじゃうには。
DSC00707.jpg
この向こうは有名な大峠

DSC00710.jpg
スケールの大きなウォータースライダー

2番目の写真にありますように、ダム直下に温泉宿があります。
悪の組織がダム決壊したら目も当てらんないなー、などと思ったり。

それにしてもカテゴリまで作ってまで、ダム萌えとか言ってどうする。

萌え〜
posted by てんてこ at 16:15| ダム萌え

2007年09月16日

わくわくダムダム ー五十里ダムー

会津からの帰り、チョメチョメDのごとく峠道をドライブだったんですけど、ある看板が気になってストップ。
DSC00653.jpg
わくわくダムダム広報館 ー国土交通省ー

いかにもお役所的なネーミングです。
ついでにダムでも見て行くかと寄り道です。

が、広報館は日曜お休み。ホントにお役所仕事ですね。

ですが、この「五十里ダム」見物は楽しかったです。
なんだろう、デカいもの目の前にすると、なんか笑顔になるよね。
サイバーショットは広角弱いので、全体収まんなかったですよ。
DSC00648.jpg

環境問題やら色々難しい課題はあるものの、大自然に挑む土木技術の粋なんで、おたく的にくすぐられるものありますね。
ついでに言えば、死の恐怖をリアルに感じられるポイントも。
DSC00663.jpg
ここから落ちたら、まず助からんね〜っ

帰ってからダムで検索かけたら、結構好きな方が多いそうで。
おたく趣味って幅広いなあ。
posted by てんてこ at 18:57| ダム萌え